日本酒は3000年以上も前から、時代により姿や形を変え続いてきました。
昔の日本酒は今のように澄んではおらず、白く濁っていました。
麹菌、酵母菌など微生物の存在や働きが分からないなか、
昔の人たちは技術を確立し、今の日本酒造りが存在しています。

林本店は100年続いてきました。
その次の100年も、桜の木の下で楽しくお酒を飲めるように、
世の中の多様性に対応していかなくてはならないと感じています。

日本酒の原点は「コミュニケーション」です。
コミュニケーションでは、さまざまな感情や気持ちが行き交います。

それは、とっても楽しく過ごすことだったり、
ちょっと落ち込んで癒してほしかったり、
気持ちを落ち着かせてクールダウンしたかったり、
人から認められ褒められたいと思ったり、
もっと美しくなりたいと思ったり。

そして、誰もが幸せになることを望んでいます。

これまでは原材料の米や技術の違いが、
お酒の優劣を決めていました。
これからは感情や気持ちに寄り添える
お酒の選択肢が必要ではないかと感じています。

人々のさまざまな感情や気持ちに寄り添い、
花を添えられ幸せになれるお酒を新たに手がけます。

日本文化の粋を、嗜む

日本の伝統文様は、風習や風土、歴史から生まれ、
すべて幸せへの願いと想いが込められ、「粋」となりました。

先人の想いが深く込められた5つの「粋」を、お酒で表現。
お好きな「粋」で味わうひとときを、どうぞご堪能ください。

優雅な末広がりの「扇」文様は、
未来への展望が明るいという想い

詳細はこちら

優美で格式のある「花菱」文様は、
高貴であることの想い

詳細はこちら

天高く舞う「蝶」文様は、
健やかな女性の成長の想い

詳細はこちら

絶えまなく続く「青海波」文様は、
平穏な暮らしが続くようにとの想い

詳細はこちら

祝福を分かち合う「熨斗」文様は、
人と人との絆や繋がりへの想い

詳細はこちら

PAGE TOP